Editor profile
矢野 哲平 / 「無料で学べるAIスキル、ロボシンク」代表
更新日:

こんにちは、ロボシンクの矢野(@robothink_jp)です。この記事では生成AIに関する情報を解説します。 読んだ方の役立つ記事になれば嬉しいです👋

生成AIを使って何ができる?

生成AIを使って何ができるのでしょうか?ChatGPTをはじめとしたテキスト生成や動画、画像生成など幅広いジャンルで解説します。

ChatGPTはテキスト生成に留まらない

生成AIのサービスでもっとも有名なのはOpenAI社が2022年11月に公開したChatGPTでしょう。人間が指示を与えるだけでAIが回答を行います。初めて触った時の衝撃は今でも忘れません。

chatgpt

主に原稿やテキストの生成に使われていますが、その他にも様々な使い方が可能です。

例えばプラグインやファイルアップロードを活用してテキスト生成以外の使い方も可能です。

  • 株価、為替、仮想通貨の情報を取得→エクセルにまとめる
  • CSVファイルをアップロードし、集計・分析をさせる
  • ChatGPTからOfficeソフトを操作する

テキスト以外にも使われる生成AI

他にも画像や動画、音声を生成するサービスがあります。生成AIで何ができるのか、さらに深掘りしましょう。

画像をAIで生成する

テキストで指示を与えることで画像を生成するサービスもあります。Stable DifussionMidjourneyが有名です。

日々、機能は進化しておりテキストを入力するだけで人物や風景を描画できます。

cyberpunk

動画をAIで生成する

テキストや画像から動画を生成するサービスもあります。Gen-2PikaLabsKaiber AIなどが有名です。

国内でもAIでCMを作った事例もあり、今後注目されているジャンルです。

音声をAIで生成する

音楽をAIに作曲してもらうことも可能です。SongRというAIに作曲してもらう生成AIもあります。そのほかのアプローチとして第三者の声をサンプリングして、そのまま会話したり歌を歌わせることも可能です。

注目記事

  • 🎨Geminiで画像生成ができるように
  • 👀【新機能】GPT mentionsを使う方法
  • 🌈【新モデル】にじジャーニーV6モデルを使う方法
  • 💡Googleが動画生成AIのLumiereを発表
  • 🤖Amazonアレクサに生成AIが搭載
  • 😼動画生成AI、Pika1.0のチュートリアル
  • 🏪GPT Storeが公開!GPT Storeの使い方
  • 🚢MidjourneyでV6モデルを使う方法

  • 無料で学べるAIスキル、ロボシンク

    ロボシンクは3,000名超が学ぶAI学習サービス。無料のコースで生成AIを学べます。AIの学習を開始しましょう🚀

    コース一覧