Editor profile
矢野 哲平 / 「無料で学べるAIスキル、ロボシンク」代表
更新日:

こんにちは、ロボシンクの矢野(@robothink_jp)です。この記事では生成AIに関する情報を解説します。 読んだ方の役立つ記事になれば嬉しいです👋

Runway Gen-2でマルチモーションブラシを使う方法

動画生成AIのRunwayでマルチモーションブラシが使えるようになりました。これで最大5箇所の動きを制御できるように。本記事ではマルチモーションブラシの使い方を解説します。

Runwayに新しく実装されたマルチモーションブラシ

2024年1月にRunwayはマルチモーションブラシを発表しました。

これは最大5箇所をブラシでなぞり、その部分に動きを付けることができるもの。

以前からモーションブラシの機能はありましたが、複数の箇所をなぞることはできませんでした。マルチモーションブラシの実装により複数箇所の動きを細かく制御できるようになりました。

しかし、マルチモーションブラシの機能はβテスト中でメンバー限定に提供されていた機能でした。

マルチモーションブラシが一般公開

日本時間の1月30日、マルチモーションブラシが一般公開されたことをRunwayが発表しました。

現時点においてGen-2で利用できます。

マルチモーションブラシの使い方

RunwayのトップページからGen-2を選択します。テキストか画像から動画生成できるツールですね。

Gen-2

Motions Brush BETAという項目が表示されているので、ここからマルチモーションブラシを呼び出すことができます。

multi motion brush

最大で5箇所を指定できます。必要に応じて1から5までを選択し、動きを付けたい箇所をブラシでなぞります。

注意点としてブラシでなぞるだけでは完了できません。HorizontalやVerticalなどX軸、Y軸どちらの方向に動くかを指定することで完了できます。

multi motion brush

注目記事

  • 🎨Geminiで画像生成ができるように
  • 👀【新機能】GPT mentionsを使う方法
  • 🌈【新モデル】にじジャーニーV6モデルを使う方法
  • 💡Googleが動画生成AIのLumiereを発表
  • 🤖Amazonアレクサに生成AIが搭載
  • 😼動画生成AI、Pika1.0のチュートリアル
  • 🏪GPT Storeが公開!GPT Storeの使い方
  • 🚢MidjourneyでV6モデルを使う方法

  • 無料で学べるAIスキル、ロボシンク

    ロボシンクは3,000名超が学ぶAI学習サービス。無料のコースで生成AIを学べます。AIの学習を開始しましょう🚀

    コース一覧