Editor profile
矢野 哲平 / 「無料で学べるAIスキル、ロボシンク」代表
更新日:

こんにちは、ロボシンクの矢野(@robothink_jp)です。この記事では生成AIに関する情報を解説します。 読んだ方の役立つ記事になれば嬉しいです👋

ChatGPTでウェブサイトの情報を読み込む方法[WebPilot]

WebPilotはChatGPTにURLを渡しWebページの内容を取得、解析するためのプラグインです。通常の使用ではChatGPTはURL先の情報を認識できません。しかし、WebPilotを使うことでWebページにアクセスでき活用の幅がグッと広がります。

WebPilotをインストールする

プラグインストアにて「WebPilot」と入力しインストールします。

WebPilot Install

あとは新規チャットを立ち上げればWebPilotを使うことができます。もし、WebPilotが起動しない人は利用がオンになっているか確認してください。

webPilot active

WebPilotの使い方

基本的な使い方は、チャットにURLを添付して指示を出します。

プロンプト

次のURLの内容を要約してください。 [https://example.com]

WebPilotが起動し、Webページの情報を取得→解析します。プロンプトの工夫次第で様々なことが出来ます。以下、WebPilotの活用アイデアを紹介します。

活用アイデア1: ページのクローリング

簡易クローラーとして利用することもできます。例としてスターバックスのメニュー情報をクローリングします。

プロンプト

https://product.starbucks.co.jp/new/lineup/
こちらのページからメニュー名と金額を一覧で取得してください.

ChatGPT starbucks

活用アイデア2: 参考文献の要求

ChatGPTの回答でその根拠となった参考文献を要求することができます。

プロンプト

ニホンミツバチの養蜂について2000文字でまとめてください。その際に参考文献も表示してください。

活用アイデア3: ニュース記事の要約・翻訳

WebPilotの使い方で、もっとも凡庸的であり効果的な使い方。ニュース記事のURLを投げてAIに記事の要約をさせます。

日々の情報収集にかかる時間を節約できます。もちろん海外記事でも問題なく情報収集できます。要約と翻訳を同時に依頼できるので海外のニュースも効率よく収集することができます。

例としてBBC Newsの記事を翻訳→要約しています。

BBC News

活用アイデア4: 市場、競合調査

ある特定の地域やカテゴリの調査もできます。

プロンプト

関東近郊に所在地を置く養蜂業者の会社名、会社住所、会社ホームページのURLをリストアップしてください。
出力はCSV形式でお願いします。

あとは出力されたデータを貼り付ければリストが完成します。CSVをエクスポートするプラグインと組み合わせれば、そのままCSVファイルを作成することも可能です。

活用アイデア5: 最新の株価や為替情報を取得

リアルタイムの金融情報も取得できます。日経平均やドル円の為替情報、その他にも仮想通貨の情報も取得できます。

プロンプト

昨日の日経平均を教えてください。

注目記事

  • 🎨Geminiで画像生成ができるように
  • 👀【新機能】GPT mentionsを使う方法
  • 🌈【新モデル】にじジャーニーV6モデルを使う方法
  • 💡Googleが動画生成AIのLumiereを発表
  • 🤖Amazonアレクサに生成AIが搭載
  • 😼動画生成AI、Pika1.0のチュートリアル
  • 🏪GPT Storeが公開!GPT Storeの使い方
  • 🚢MidjourneyでV6モデルを使う方法

  • 無料で学べるAIスキル、ロボシンク

    ロボシンクは3,000名超が学ぶAI学習サービス。無料のコースで生成AIを学べます。AIの学習を開始しましょう🚀

    コース一覧