Editor profile
矢野 哲平 / 「無料で学べるAIスキル、ロボシンク」代表
更新日:

こんにちは、ロボシンクの矢野(@robothink_jp)です。この記事では生成AIに関する情報を解説します。 読んだ方の役立つ記事になれば嬉しいです👋

ChatGPTブラウザ版は日本語対応へ アプリ版は英語表記

ChaGPTはアメリカ発のサービスで英語が分からないと使えない?と思う人もいるかもしれません。ChatGPTの日本語の対応状況を解説します。

ChatGPTのブラウザ版は日本語対応へ

リリース当初、ChatGPTの画面は全て英語表記でした。しかし、現在では画面の表記は日本語に対応しています。

chatgpt ja

ただし、アプリ版は未対応で英語表記となります。ChatGPTの国内ユーザー数はアメリカやインドに次ぎ、日本は第3位。開発元のOpenAI社も日本市場は見逃せない規模なので今後も引き続き日本語対応は進んでいくのではないでしょうか。

スマホ版の英語も分かりやすいものばかり

例えば、チャットを新規作成する場合は「New Chat」

設定を確認したい場合は「Settings & Beta」

どれも分かりやすい単語ばかりなので操作中に意味が分からないケースは少ないと思います。英語が苦手な人はGoogle翻訳などの翻訳サービスを利用するのも選択肢の1つです。

プロンプトは日本語でOK

海外のサービスで画面も英語だとAIへの質問も英語だと思う人もいるかもしれません。しかし、AIとの質問は全て日本語でOK。英語の方が回答精度が上がるケースもありますが、基本的に全て日本語で問題ありません。

ChatGPT japanese

日本語で質問すればAIが自動で判別し、日本語で回答してくれます。もし英語で回答された場合「日本語で回答してください」と伝えれば日本語で回答してくれます。

注目記事

  • 🎨Geminiで画像生成ができるように
  • 👀【新機能】GPT mentionsを使う方法
  • 🌈【新モデル】にじジャーニーV6モデルを使う方法
  • 💡Googleが動画生成AIのLumiereを発表
  • 🤖Amazonアレクサに生成AIが搭載
  • 😼動画生成AI、Pika1.0のチュートリアル
  • 🏪GPT Storeが公開!GPT Storeの使い方
  • 🚢MidjourneyでV6モデルを使う方法

  • 無料で学べるAIスキル、ロボシンク

    ロボシンクは3,000名超が学ぶAI学習サービス。無料のコースで生成AIを学べます。AIの学習を開始しましょう🚀

    コース一覧