Editor profile
矢野 哲平 / 「無料で学べるAIスキル、ロボシンク」代表
更新日:

こんにちは、ロボシンクの矢野(@robothink_jp)です。この記事では生成AIに関する情報を解説します。 読んだ方の役立つ記事になれば嬉しいです👋

ChatGPTのAdvanced Data Aanalysysでアップロードできるファイル拡張子まとめ

ChatGPTのAdvanced Data Aanalysysでは様々なファイルをアップロードすることができます。テキストファイルから画像ファイルなどなど。ここではアップロードできるファイル拡張子について解説します。

テキストファイル

  • txt
  • csv
  • tsv
  • json
  • xml
  • html
  • md
  • mdx
  • rst

試しに以下の文章でtxtファイルをアップロードし間違い探しをさせてみます。

こんにちは、今日もいい天気ですね。やっと風邪が直ってきました。

ChatGPT Typo

漢字のミスも指摘してくれました。さらに機能開発が進めば文章の校正に活躍してくれそうです。

その他にもjsonファイルが扱えるのは凡庸性が高いです。他にもhtmlファイルやmarkdownファイルも扱うことができます。

Pythonファイル

.pyの拡張子ファイルもアップロードできます。コードインタプリタではPythonファイルの中身も認識することができます。

ちなみにRubyやJavaScriptなど他のファイルもアップロードできますが、中身を認識できるのは(現時点で)Pythonに限られるようです。

なお、.ipynbのJupyter notebookファイルもアップロードできます。

画像ファイル

  • jpeg
  • jpg
  • png
  • gif
  • bmp
  • tiff
  • webp
  • avif

WebPとAVIFもアップロードできます。しかし、現時点でChatGPTの画像認識については発展途上といった所です。

以下に出来ること、出来ないことを紹介します。

【出来ること】

  • 画像処理(色の調整、リサイズ、回転、フィルタリング)
  • WebP形式への変換

【出来ないこと】

  • 画像を認識すること(例:画像には何が描かれていますか?)
  • OCR(画像の文字を認識すること)

出来ないことについて補足ですが、何とか実装すれば出来るようになると言った方が正確でしょうか。

例えば、OCR。画像内の文字を読み込むよう指定してもほとんどのケースで失敗します。英語であれば読み込めるという話しもありますが、筆者が試した限りでは英語でも失敗します。

解決策として日本語のデータセットを事前に学習させて、OCRを実行すると成功するケースもあります。

OCR画像変換(日本語) | ChatGPT

いずれにしろ手軽に試せるものではないので、実質[出来ないこと]として分類しました。

音声ファイル

  • mp3
  • wav
  • aac

動画ファイル

  • mp4
  • avi
  • mov
  • flv

ドキュメントファイル

  • pdf
  • docx
  • xlsx
  • pptx

PDFの資料をアップロードし要約してもらう、校正してもらうといった使い方が可能です。他にもエクセルやパワーポイントなどのマイクロソフトのファイルもアップロードできます。

PDFの容量が多くなると高い確率で読み込み失敗するのですが、docxに直すと読み込みやすくなるという話しもあります。

圧縮ファイル

  • zip
  • tar
  • gz
  • rar

注目記事

  • 🎨Geminiで画像生成ができるように
  • 👀【新機能】GPT mentionsを使う方法
  • 🌈【新モデル】にじジャーニーV6モデルを使う方法
  • 💡Googleが動画生成AIのLumiereを発表
  • 😼動画生成AI、Pika1.0のチュートリアル

  • 無料で学べるAIスキル、ロボシンク

    ロボシンクは4,000名超が学ぶAI学習サービス。無料のコースで生成AIを学べます。AIの学習を開始しましょう🚀

    コース一覧