Editor profile
矢野 哲平 / 「無料で学べるAIスキル、ロボシンク」代表
更新日:

こんにちは、ロボシンクの矢野(@robothink_jp)です。この記事では生成AIに関する情報を解説します。 読んだ方の役立つ記事になれば嬉しいです👋

ChatGPTのアプリ版とブラウザ版の違い

ChaGPTはアプリ版とブラウザ版がありどちらでも使用できますが、細かい部分で機能が異なります。アプリ版とブラウザ版の違いをまとめます。

アプリ版とブラウザ版の違いまとめ

詳細は後述しますが、ざっくりアプリ版とブラウザ版の違いを紹介します。

  • アプリ版はプラグインを設定できない
  • アプリ版は音声入出力ができる(ChatGPT Plus限定)
  • ブラウザ版はチャット履歴の検索ができない
  • アプリ版でもGPTsは使える。ただし、GPT mentionsは使えない

以下で詳しく解説します。

アプリ版はプラグインを設定できない

プラグインという有料ユーザー向けの拡張機能があります。スマホのアプリのようにChatGPTにプラグインを追加することで様々な機能を拡張することができます。

(例:Webサイトへアクセスする、スケジュール管理する)

ChatGPT plugin

このプラグインですが、設定できるのはブラウザ版からとなりアプリ版は設定できません。

アプリ版は音声入力できる

ブラウザ版では音声入力ができません。音声入力をする場合はパソコン自体の音声入力機能を利用することになります。

一方でアプリ版では音声入出力を利用できます。

音声入力のシステムはOpenAI社が開発する音声AIのWhisperを利用しており高精度で音声を認識してくれます。

チャットボックス右側にある音声ボタンをタップし音声入力を開始します。

ChatGPT voice input

ブラウザ版は音声出力ができない

2023年9月に発表された機能で、アプリ版では音声出力が可能に。音声は5つから選択できプロの声優と共同開発した音声が使用されています。

これによりChatGPTと本当に会話するかのように指示→回答を音声で完結できるようになります。こちらの機能は10月前半に順次実装していくとのことです。

ブラウザ版はチャット履歴の検索ができない

ブラウザ版ではチャット履歴の検索ができませんが、アプリ版は検索できます。

右上のメニューボタン > History > Searchから検索できます。

ChatGPT search history

アプリ版でもGPTsは使える。ただし、GPT mentionsは使えない

ChatGPTに新しく実装されたGPTsという機能があります。これは、様々なユーザーが作成したプロンプトを使える機能です。

プラグインのようなものをイメージすると分かりやすいと思います。

記事作成のGPTsや画像を作成するGPTsなど様々なGPTsがあります。GPTsはGPT Storeで検索可能でアクティブにすると左サイドバーに表示されます。GPTsはアプリ版でも利用可能です。

ただし、GPTsをチャットに呼び出せるGPT mentinosは現在アプリ版では実装されていません。

gpt mentions

GPT mentionsの詳細はこちらをご確認ください

アプリ版とブラウザ版の共通機能

細かい違いを見てきましたが、最後にアプリ版とブラウザ版版の共通機能をまとめます。

  • チャットからAIに質問できる
  • GPT3.5かGPT4の選択ができる
  • GPTsを使える
  • DALL-E 3を使える
  • Data Analysisを使える
  • チャット履歴を確認できる
  • チャットをシェアできる
  • チャットの名称を変更できる
  • データをエクスポートできる

なお、ブラウザ版もアプリ版もチャット内容は全て同期されています。例えばパソコンでAIとやり取りした内容を出先でスマホにて確認することもできます。

注目記事

  • 🎨Geminiで画像生成ができるように
  • 👀【新機能】GPT mentionsを使う方法
  • 🌈【新モデル】にじジャーニーV6モデルを使う方法
  • 💡Googleが動画生成AIのLumiereを発表
  • 😼動画生成AI、Pika1.0のチュートリアル

  • 無料で学べるAIスキル、ロボシンク

    ロボシンクは4,000名超が学ぶAI学習サービス。無料のコースで生成AIを学べます。AIの学習を開始しましょう🚀

    コース一覧