Editor profile
矢野 哲平 / 「無料で学べるAIスキル、ロボシンク」代表
更新日:

こんにちは、ロボシンクの矢野(@robothink_jp)です。この記事では生成AIに関する情報を解説します。 読んだ方の役立つ記事になれば嬉しいです👋

Amazonアレクサに生成AIが搭載!いつから使える?

Amazonが開発するアレクサに生成AIが搭載されます。日本ではいつから使えるのでしょうか?

日本でのサービス開始はいつ?

現在、この新しいアレクサの機能はアメリカのユーザー向けに開始予定です。

ユーザーはアレクサを新しく購入する必要はなく2014年の初代モデルから利用できるとのこと。つまり、ソフトウェアのアップデートで対応するようです。

日本でのサービス開始時期についてはまだ発表されていません。(一部報道では来春との情報も)

情報が更新され次第当サイト、ロボシンクで共有します。

アマゾンの新発表「アレクサに生成AI搭載するで」

米国のIT大手、アマゾンが音声アシスタントAlexaに新しい技術を導入すると発表しました。この技術は「生成AI」と呼ばれ、人間のような自然な会話を可能にするものです。

イメージとしては、ChatGPTのようなAIとの自然な会話がアレクサと出来るようになります。

既存のアレクサは音声を認識するだけだった

初めてアレクサを触った時は革新性に感動しましたが、ChatGPTなど最新の生成AIと比べると物足りなさも感じていました。

alexa

AIというよりも音声を認識してくれるスピーカーのような存在。私も自宅と職場でアレクサを使用していますが、会話のキャッチボールはChatGPTほど成立しません。

いつかアレクサにも生成AIのような機能が搭載されたら...と考えていましたが、さっそく実装されるようです。

アレクサの新機能

新しいアレクサは、ユーザーの質問に対して即座に答えることができるだけでなく、複数の要求を同時に処理することも可能です。例えば、「照明を消して、掃除機をかけて」というような複数の要求にも対応できます。

感情の表現も豊かになり、喜びや悲しみなどの感情を表現することができるようになります。

人間のような会話体験ができるように

アレクサに「あなたの好きなスポーツチームは何ですか?」と質問すると、「私はシアトル出身なので、好きなチームはシーホークスです」

と返答するなど、より人間らしい会話が楽しめます。

カメラを搭載したEchoデバイスでは、特定のユーザーを認識して、名前を呼ぶことなくアレクサとの会話を開始することができます。

人間がアレクサの方を向けば会話がスタートするんですね。iPhoneの顔認証機能のようなものがアレクサにも実装されるようです。

生成AI搭載のアレクサスキルも登場

アレクサ本体のAI開発も進んでいますが、生成AIを搭載したスキルも登場しています。ちなみに、アレクサスキルはスマホで言うアプリのようなもの。

個人や法人の開発者がアレクサ向けのアプリ(スキル)を開発し、公開できる仕組みです。

AIチャットボットのCharacter.AI、音楽生成AIのSplash、音声AIゲーム開発会社のVolleyなど生成AIの開発会社が続々と参入しています。

例えば、Character.AIではAIによって生成された架空の人物や歴史上の人物(事例ではソクラテス!が紹介されている)とアレクサを介して会話できるというもの。

そして、音楽生成AIのSplashでは音楽のジャンルを選び、ユーザーが一緒にAIと歌いカスタムソングを作ることも可能です。

参考リンク:Amazon’s Alexa gets new generative AI-powered experiences

注目記事

  • 🎨Geminiで画像生成ができるように
  • 👀【新機能】GPT mentionsを使う方法
  • 🌈【新モデル】にじジャーニーV6モデルを使う方法
  • 💡Googleが動画生成AIのLumiereを発表
  • 🤖Amazonアレクサに生成AIが搭載
  • 😼動画生成AI、Pika1.0のチュートリアル
  • 🏪GPT Storeが公開!GPT Storeの使い方
  • 🚢MidjourneyでV6モデルを使う方法

  • 無料で学べるAIスキル、ロボシンク

    ロボシンクは3,000名超が学ぶAI学習サービス。無料のコースで生成AIを学べます。AIの学習を開始しましょう🚀

    コース一覧