Editor profile
矢野 哲平 / 「無料で学べるAIスキル、ロボシンク」代表
更新日:

こんにちは、ロボシンクの矢野(@robothink_jp)です。この記事では生成AIに関する情報を解説します。 読んだ方の役立つ記事になれば嬉しいです👋

Googleが動画生成AIのLumiereを発表!Lumiereで何ができる?

Googleから満を持して動画生成AIのサービスが発表されました。その名もLumiere。Lumiereで出来ることについても解説します。

Google、動画生成AIに参戦

RunwayやPikaなど様々な動画生成AIがありますが、ついにGoogleも参戦するようです。

2024年1月にGoogleはLumiereという動画生成AIを発表しました。Lumiereという言葉はフランス語でルミエールと読みます。

意味は「光」という意味で映画や写真の分野でも使われるようです。

→Lumiereのプロジェクトページ

Lumiereの公開日は未発表

今回、Lumiereの情報が発表されましたが、一般向けにリリースはされていません。もちろん料金に関する発表もなし。

また情報入り次第、当サイトで共有したいと思います。

Lumiereで出来ること

テキストから動画生成

動画生成AIの基本的な機能とも言えますね。テキスト(プロンプト)から動画生成ができます。

生成される動画の品質はとても高いように見えます。

text to video

画像から動画生成

画像からの動画生成も品質が高いように見えます。サンプルではモナリザなどの名画をベースに動画生成しています。

image to video

画像のスタイルを動画に反映

特定の画像のスタイルをベースに動画生成できます。例えば光るキノコの画像をベースに動画を生成することができます。

styled generation

動画のスタイル変更

動画をもとにテキストプロンプトでスタイルを指定できます。例えば女性がジョギングしている動画に対して、オリガミ風や木製ブロック風などスタイルを変更できます。

video stylization

シネマグラフ

この機能は他の動画生成AIにない機能ではないでしょうか。画像のある部分だけが動くシネマグラフを作成できます。

cinemagraph

ビデオインペインティング

動画の欠けた部分を生成することができます。

video inpating

動画の一部修正

ドレスを着た女性の洋服部分を指定することで別の衣装に差し替えています。これも自然な仕上がりですね。

video modify

注目記事

  • 🎨Geminiで画像生成ができるように
  • 👀【新機能】GPT mentionsを使う方法
  • 🌈【新モデル】にじジャーニーV6モデルを使う方法
  • 💡Googleが動画生成AIのLumiereを発表
  • 🤖Amazonアレクサに生成AIが搭載
  • 😼動画生成AI、Pika1.0のチュートリアル
  • 🏪GPT Storeが公開!GPT Storeの使い方
  • 🚢MidjourneyでV6モデルを使う方法

  • 無料で学べるAIスキル、ロボシンク

    ロボシンクは3,000名超が学ぶAI学習サービス。無料のコースで生成AIを学べます。AIの学習を開始しましょう🚀

    コース一覧