Editor profile
矢野 哲平 / 「無料で学べるAIスキル、ロボシンク」代表
更新日:

こんにちは、ロボシンクの矢野(@robothink_jp)です。この記事では生成AIに関する情報を解説します。 読んだ方の役立つ記事になれば嬉しいです👋

Googleが開発するGeminiとは?読み方や特徴について解説

Googleが開発する大規模言語モデル(LLM)「Gemini」は、AIとテクノロジー業界で大きな話題となっています。この記事では、Geminiの特徴について解説します。

Geminiとは?

google gemini

Gemini(ジェミニ)は、DeepMindが以前に開発した「AlphaGo」で用いた強化学習の技術と、大規模言語モデル(LLM)を組み合わせています。DeepMind社は2014年にGoogleによって買収された企業です。

Geminiでは高度な自然言語処理能力が期待されています。海外ではChatGPTのライバルと言われ期待する声も大きいです。

マルチモーダルでありテキスト以外にも画像や動画、音声も認識します。

Geminiの読み方

ところで..Geminiの読み方はどうなのでしょうか?

ジェミニ?ジェミナイ?

これに関してはGoogle JapanがジェミニとコメントしていますのでGemini(ジェミニ)と読んで問題なさそうです。

ちなみに海外ではジェミナイと発音されています。

2023年12月、Gemini発表へ

もともと2023年の秋頃に発表予定かと言われていましたが、大きく動いたのは2023年12月。

12月13日にGemini Proのプレビュー版を公開しGoogle CloudからAPI経由で利用できるようになりました。

GeminiにはNano、Pro、Ultraの3モデルがありProは汎用モデルに位置します。

ChatGPTとの比較

Geminiは、OpenAIの「ChatGPT」や「GPT-4」に対抗する形で開発されています。特にChatGPTに比べてパラメータ数が大幅に増加している点が注目されています。

Geminiは強化学習の技術を組み合わせており、より高度な自然言語処理が可能になると言われています。

Googleの共同創業者が開発に関与

Googleの共同創業者であるサーゲイ・ブリン氏も、Geminiの開発に積極的に関与しています。サーゲイ・ブリン氏は2019年にGoogleの親会社であるアルファベットを退社していました。

しかし、Geminiの開発には頻繁に関与しているという話しもあります。Geminiがいかに肝入りのプロジェクトであるかを示すものと言えます。

注目記事

  • 🎨Geminiで画像生成ができるように
  • 👀【新機能】GPT mentionsを使う方法
  • 🌈【新モデル】にじジャーニーV6モデルを使う方法
  • 💡Googleが動画生成AIのLumiereを発表
  • 🤖Amazonアレクサに生成AIが搭載
  • 😼動画生成AI、Pika1.0のチュートリアル
  • 🏪GPT Storeが公開!GPT Storeの使い方
  • 🚢MidjourneyでV6モデルを使う方法

  • 無料で学べるAIスキル、ロボシンク

    ロボシンクは3,000名超が学ぶAI学習サービス。無料のコースで生成AIを学べます。AIの学習を開始しましょう🚀

    コース一覧